コーンズ・エージー Quality   Innovation




餌寄せロボット JUNO
LELY(レリー)オランダ

餌寄せロボット JUNO


特長

餌寄せ作業の軽減

feature1.jpg

労働力を必要とせずに、昼夜を問わず、定期的に頻回の餌寄せを行います。留守にしていても、見事に餌寄せしてくれるので安心です。


採食量の増加・残餌の削減

feature2.jpg

人による1日3回の餌寄せから、JUNOを導入して1日6~8回の餌寄せに切り替えたことで、牛群全体の乾物摂取量が6.0%増加し、乳量が3.0%増加、特に初産牛・高泌乳牛の乳量が増加しました。(レリー社JUNO導入農家5軒における導入1カ月前後の調査結果)


牛体コンディションの向上


こまめな採食は、ルーメンpHを安定させ、アシドーシスの予防と十分なエネルギー補てんが期待できます。昼よりも夜の採食が多くなる夏季も、安定的な餌寄せで採食量の低下を防止できます。

詳しく見る


機能

簡単に設置

function1.JPG

JUNOは単独で稼働し、付帯施設や牛舎改造を必要としません。設置・設定は非常に簡単で、1日で完了します。その日からすぐに利用ができ、餌寄せの効果を期待できます。


正確に走行

function2.JPG

超音波センサーで壁やフィードフェンスとの距離を読み取りながら走行します。直進のみならず、回転・後進・待機も可能で、指定した距離を計測しながら走行します。


柔軟に餌寄せ

function3.jpg

設定時間になると走行を開始し、設定された寄せ幅に従い、牛が採食可能な位置まで餌を寄せていきます。牛群ごとに給餌内容・量に応じた餌寄せ幅の変更が可能です。直径110cmとコンパクトながら、570kg以上の重量により安定して餌寄せを行います。時間帯が不規則になりがちな給餌作業や採食状況による飼料量の変動にも、柔軟に対応します。


手間なく充電

function4.jpg

餌寄せ終了後は自動で充電器まで戻って充電待機。バッテリーでの駆動は、消費電力をあまり必要としません。


 

詳しく見る


仕様

PCPCサイトで見る


フォトギャラリー

  • (左)JUNO150・(右)JUNO100
  • JUNO100
  • JUNO100
  • ルート設定(JUNO100)
  • 充電(JUNO100)
  • JUNO150
  • つなぎ牛舎の餌寄せ効果も大(JUNO150)

詳しく見る


ムービー

詳しく見る


よくある質問

詳しく見る


導入事例

  • シンプルで使いやすく、初めての人でもスッとすぐに使えます。

    株式会社TACSしべちゃ様(北海道標茶町)
    シンプルで使いやすく、初めての人でもスッとすぐに使えます。

    搾乳・飼養管理ミルキングパーラー
    ミルキングパーラーMilkline
    MILKLINE(ミルクライン)イタリア

    飼養頭数:260頭(成牛200頭・育成牛60頭)
    作業人数:7名+パート2名
    パーラー稼働年度:2015年4月
    給餌回数:1回/日 餌寄せ:2時間間隔(JUNO)
    ※2015年6月取材時のデータ

詳しく見る


搾乳ロボット・牛舎施設品の3D牛舎プラン


この製品に関するお問い合わせ





loading