コーンズ・エージー Quality   Innovation




冷凍機 デジタルEVC/EVC
MUELLER(ミューラー)アメリカ

冷凍機 デジタルEVC/EVC


機能

高い冷却効率

function1.jpg

バルククーラー底面に過冷却された液冷媒を循環させるサブクーリングバルブを内蔵。バルブ外付け型と異なり、乳温に応じてフロンガスの流れを最適に制御し、冷却の無駄をなくします。乳温が低くなり、熱交換率が低下した際も、安定して稼働します。


安定稼動の構造

コンプレッサーは、エネルギー効率が高く、電力消費の少ないスクロール形を採用。冷媒ラインには熱交換器が装備され、液冷媒の逆流からコンプレッサーを保護し、耐久性を高めます。冷凍機内部のファンは圧力に応じてスピードが可変し、コンプレッサーの稼動効率を高めます。


冷却効率に優れた「R507A冷媒」を採用

R404A冷媒やR407A冷媒と比較して、冷却効率が5〜6%優れたR507A冷媒を採用しています。これにサブクーリングバルブシステムの機能が加わって、ミルクをより早く冷却できるようになっています。また、R507A冷媒はR22冷媒の様に追加充填が可能なため、メンテナンスが容易です。


詳しく見る


仕様

PCPCサイトで見る


ムービー

詳しく見る


導入事例

  • 2.6m四方のスペースに、15tのバルクを置けることは非常に魅力的です。

    株式会社 大田原農場(島根県)
    2.6m四方のスペースに、15tのバルクを置けることは非常に魅力的です。

    搾乳・飼養管理ミルク冷却システム
    タワー型サイロバルク
    MUELLER(ミューラー)アメリカ

    飼養頭数:1,000頭→1,400頭へ増頭中
          (成牛・育成牛の合計)
    稼働年度:2015年5月
    搾乳回数:3交代・24時間体制
    ※2015年6月取材時のデータ

詳しく見る


この製品に関するお問い合わせ





loading