コーンズ・エージー Quality   Innovation




MACH VRT
Lamborghini(ランボルギーニ)イタリア

MACH VRT


特長

ランボルギーニ フラグシップモデル

Lamborghini_Mach_VRT_230_DSC_3829.jpg

最大の効率と生産性を誇る、ランボルギーニのフラグシップモデルです。
ずば抜けた生産性と最高の快適性、最先端技術で、フィールドでの耕作作業から道路の移動まで、全ての場面で威力を発揮します。

大規模な面積の作業や厳しい環境に耐えうるよう開発され、常に最大限の効率とパフォーマンスが得られます。


イタルデザイン・ジウジアーロとの共同設計

Lamborghini_Mach_VRT_230_DSC_43391.jpg

世界的に有名なイタリアの「イタルデザイン・ジウジアーロ」による革新的なデザインと、効率的でパワフルなトラクターを支える最新機能を兼ね備えています。

ホワイト&ブラックのカラーリングは、優雅さとパワーを兼ね備えた個性と他の追随を許さない多目的機能を反映し、オーナーを必ず満足させることができる、ユニークで独自のスタイルを誇っています。



ランボルギーニ ヒストリー

rogo.jpg

1948年にフェルッチオ・ランボルギーニが初めて発表したトラクターは、アメリカ人から購入した余剰の軍事車両を分解して、再構築したものでした。
これは第二次世界大戦後のことで、イタリアが急速に変化するであろうことをランボルギーニは鋭い洞察力で見抜いていました。

そして、確かな技術開発力によって、わずか数年でランボルギーニブランドは、世界中から称賛される業界のリーダーになりました。
その後、ランボルギーニは1973年にSAMEの傘下に入り、現在は優れた品質基準と信頼性の高い製品で国際的なマーケットシェアを握るSDFグループに属しています。

詳しく見る


機能

排ガス規制ステージ4(Tier4ファイナル)6気筒エンジン

1_TCD_6_1_AGRI_front_l_high_jpg_big-freigestellt-NEU-.jpg

環境への配慮と燃費効率を高めるために最新技術で開発されたドイツエンジンが、最大限の生産性と効率性を達成します。最新型ドイツエンジンは、レスポンスに優れ、エンジン回転数が低い程、トルクを発揮します。

排気ガス処理システムは、SCR(選択式触媒還元)とパッシブDPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)を採用。DPFは通常のフィルタと比較して、追加燃料の噴射を必要とせず、周囲に熱が発生しない、フィルタが素早く再生するといった特長があります。国際的な排気ガス基準に適合しながら燃費効率を高め、燃料とアドブルー消費量を旧型エンジンよりも5%削減しました。

エンジンはElectronic Viscoファンと、コンパクトで高性能な冷却システムで保護されています。特許を取得した冷却システムは、フルオープンが可能で、メンテナンスが簡単に行えます。




ZF 無段変速 VRTトランスミッション

S-Matic Transmission_3_result.jpg

トランスミッション専門メーカーのZF製S-MATICを採用しています。

4段レンジとHST遊星減速装置で、機械式駆動の車速領域を増やし、最小限の油圧出力で、無段変速を制御します。


メインクラッチは油圧式ドグクラッチで、高い伝達効率が得られます。

トランスミッション操作

■オートマチックモード:道路走行時に、自動制御で最適なエンジンスピードと希望の速度を保ちます。
■PTOモード:設定したエンジン回転数を自動で保ちます。
■マニュアルモード(手動操作)

パワーゼロ機能

ブレーキペダルを使わず、アクセルペダルの踏み込み度合いで停止や走行ができます。また、坂道発進でも、機体の安定性を保持します。



最高クラスのマキシビジョン キャビン

KIMG1912.JPG

スタイリッシュなインテリアでコーディネートされたキャビンは、人間工学に基づいてレイアウトされ、最上級の快適性と操作性を誇ります。

計器パネルは、コンパクトにまとめられ、キャビンの視界を広く保っています。ステアリングホイールは、握りやすく、疲労を感じない上質な素材で作られています。



 

 



直観的に操作ができる、コントロールシステム

Cabin_Mach2.JPG

操作機器は、全てキャビン右側のコンソールに集約さ、直感的に操作ができるよう機能別に色で分けられています。
■オレンジ:走行関連
■イエロー:PTO
■グリーン:3点リンク
■ブルー :油圧


走行速度は、マルチファンクション・ジョイスティックで超低速から道路走行まで、簡単に無段階変速が行えます。


PTO・油圧システム

MACH VRT_250_VRT_(Stage IV)_STUDIO_DSC_0298_external button fenders_R.jpg

■PTO
キャビン内とリヤタイヤフェンダー両側の外部ボタンで操作ができます。
外部操作ボタンでは、PTO・リヤリフト・外部油圧バルブが操作できます。
持上げ揚力は、余裕の最大10tです。

■外部油圧バルブ個別調整
油圧バルブは、それぞれで調整ができ、フロント2系統はリヤと独立して操作できます。


 

詳しく見る


ソフトウェア

詳しく見る


仕様

PCPCサイトで見る


フォトギャラリー

  • ライト集中操作パネル

詳しく見る


よくある質問

詳しく見る


導入事例

  • ランボルギーニの視界の広さは抜群で、広いキャビンも最高です。

    株式会社COW ROAD様(北海道川上郡弟子屈町)
    ランボルギーニの視界の広さは抜群で、広いキャビンも最高です。

    オーナーインタビュー 株式会社COW ROAD 代表取締役 専務 渡辺 雄一郎様...

詳しく見る


この製品に関するお問い合わせ





loading