コーンズ・エージー Quality   Innovation




LELY Bright Farmning「家族で楽しい酪農を営むこと」

持田牧場様(北海道新得町)

LELY Bright Farmning「家族で楽しい酪農を営むこと」

搾乳・飼養管理搾乳ロボット

アストロノートA4

LELY(レリー)オランダ

■飼養頭数:210頭
■搾乳ロボット稼動開始:2016年12月
■導入設備
 ・LELY アストロノートA4×1台
 ・LELY 餌寄せロボット
 ・ランボルギーニトラクター ほか
※2018年5月 取材時の情報

LELY 導入インタビュー

「少ない人数で、多くの産乳量を確保するには、搾乳ロボットしかない」と搾乳ロボットの導入を決意された持田牧場様。
搾乳ロボットを導入して良かった点は、「多回搾乳で乳量が増えたことと、牛の反芻状況や乳成分などの細かな情報から、個体管理が充実すること」を挙げられます。
2018年1月時点で、ロボット1台の出荷乳量は1,000t近くに達し、今後はロボットをもう1台増やして、2,000tの出荷を目標にされています。搾乳ロボットの詳しい感想は、動画をぜひご覧下さい。






loading