コーンズ・エージー Quality   Innovation




牛舎 自動換気システム
SECCO(セコ)カナダ

牛舎 自動換気システム


特長

自動制御の換気による理想的な環境で、牛の生産性と快適性を向上します

ventilation_feature01.jpg

暑さ(暑熱ストレス)による産乳量の低下は広く知られていますが、同様に寒さによっても、牛の産乳量は低下します。様々な研究の結果では、牛舎の最適な温度は5℃〜22℃といわれています。

極寒のカナダで開発され、北米、ロシアを中心に世界26カ国に普及しているSECCO牛舎自動換気システムは、理想的な牛舎環境を保ち、持続的な乳量アップと健康維持を実現します。


牛舎内の温度や湿度が、こんなトラブルの原因に

■採食量・乳量の低下
 高温多湿、または寒すぎる環境による、食欲不振、乳量低下

■感染症
 空気の汚れや雑菌による、乳房炎・肺炎の発生、悪化

■施設の腐食
 高温多湿による、牛舎施設や機器のサビ・腐食の増加



自動換気の仕組み

牛の生産性と快適性の向上を目的に、牛舎内温度を5℃以上に制御し、自然換気で補えない部分に機械換気を併用して維持するシステムです。換気は、自動制御で空気を取り込み、屋根上の換気口から排気量を調整しながら排出します。

冬は、牛の発する熱を利用して、外部の気温がマイナスでも、牛舎内の温度は5℃以下に下がることのないよう牛舎内の熱平衡を調整します。そのために、屋根や壁から熱が逃げないよう気密性の高い牛舎構造と定期的な換気で、牛の発する熱を循環させながら、牛舎内の滞留している空気を新鮮な空気に入替えします。それにより、暖房器具を使用しなくても、温度を5℃以上に保つことができます。

夏は、自然換気と大型換気ファンを併用して22℃以上になると機械換気に切り替わり、必要に応じて高圧ミストを用いて牛の体感温度を下げながら、暑熱対策を行ないます。十分な空気の入替えにより、特に冬場の牛舎内の湿度環境も改善します。

Secco_Lumiridge.jpg



詳しく見る


機能

検知センサー

ventilation_function01.jpg

牛舎外部センサーで、外気温・降雨・風速・風向きを
牛舎内センサーで、温度・湿度を検知して自動換気を行ない、牛舎内が温度5℃以上、湿度65〜75%の快適な環境になるように維持します。


メンブレンカーテン ISOCELL

ventilation_function02.jpg

カーテン内の空気を排気して下に折り畳んだり、空気を送風して上まで膨らませながら、カーテンを開閉して換気します。
二重構造のビニールフィルムカーテンによる高い断熱効果と、高い採光性を誇ります。
高さは1段で最大3m、2段仕様で最大6mまで対応できます。
厳寒地でも凍結しないように凍結防止機能が付いています。


排気煙突 チムニー

ventilation_function03.jpg

開口部は、必要な排気量に合わせて、ダンパで自動制御します。
牛舎屋根の勾配に合わせてカスタムメイドできます。
 


機械換気用 ファン

ventilation_function04.jpg

自然換気で補えない場合に、機械換気を併用します。
牛舎天井に設置するファンと、トンネル換気専用の大型ファンの2種類があります。


牛舎換気ファン

BIGAIRFAN_KIMG0826.jpg

大型ファンで効率的に換気が行えます。設置台数が少なくて済み、牛舎内もすっきりとします。

詳しく見る


ソフトウェア

詳しく見る


フォトギャラリー

  • フリーストール牛舎導入例1
  • フリーストール牛舎導入例1
  • フリーストール牛舎導入例2
  • フリーストール牛舎導入例2
  • フリーストール牛舎導入例2
  • フリーストール牛舎導入例2(チムニー)
  • フリーストール牛舎導入例2
  • つなぎ牛舎導入例1

詳しく見る


ムービー

詳しく見る


よくある質問

詳しく見る


導入事例

  • 牛が自由に歩き回れるコンセプトに共感してLELYを選びました

    (株)高橋牧場様(北海道ニセコ町)
    牛が自由に歩き回れるコンセプトに共感してLELYを選びました

    搾乳・飼養管理搾乳ロボット
    アストロノートA4
    LELY(レリー)オランダ

    ■飼養頭数:74頭(ロボット搾乳牛:51頭)※増頭中
    ■作業人数:3名(本人・従業員2人)
    ■搾乳ロボット稼動開始:2016年12月
    ■導入設備
     ・アストロノートA4×2台
     ・SECCO 牛舎自動換気システム
     ・LELY 牛舎自動制御 照明 L4C
     ・餌寄せロボットほか
    ※2017年2月末 取材時の情報

詳しく見る


この製品に関するお問い合わせ





loading