コーンズ・エージー Quality   Innovation




沿革


1861年 4月コーンズ・アンド・カンパニーリミテッドの前身 Aspinall,Cornes&Coが横浜に設立
1873年 4月Aspinallが引退。Cornes&Co.を設立
1968年 2月中標津日新農機株式会社を設立
1971年 8月商号を日新農機株式会社に改称
1993年 4月株式会社ニチボクと合併
商号を株式会社コーンズ・エージーに改称
北海道札幌市に本社を移転
1995年 4月北海道恵庭市に本社を移転
2001年 1月学校法人酪農学園との産学共同事業として、北海道苫小牧市(酪農学園大学付属植苗農場)に
「有限会社コーンズ・エコファーム」を設立
2008年4月コーンズ・エージーの環境エネルギー事業部が、エコロジー部門と統合し、
コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドの社内カンパニー「コーンズ・バイオガス」としてスタート
2013年 7月酪農学園大学付属植苗農場との借地契約満了に伴い、「有限会社コーンズ・エコファーム」の営農を終了
2016年 3月資本金を4,100万円増資し、1億100万円とする
2017年10月コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドのバイオガス事業部門「コーンズ・バイオガス」を
コーンズ・エージーに統合する。それに伴い、資本金を4,900万円増資し、1億5,000万円とする



loading