コーンズ・エージー Quality   Innovation




バイオガスプラント
JAPAN(日本)

バイオガスプラント


ふん尿(廃棄物系バイオマス)の処理問題の解決と創エネルギー

170913biogas_ph01.jpg

バイオガスプラントで家畜ふん尿といった有機性廃棄物(バイオマス)を処理した場合、メタンを主成分とするバイオガスが生成されます。このバイオガスはバイオガスボイラーやバイオガス発電機の燃料として利用することができます。バイオガスボイラー利用では熱を得ることができ、また、バイオガス発電機利用では熱および電力を得ることができます。このように有機性廃棄物の処理を行いつつ、熱や電力といったエネルギーを創り出すことが可能となっています。

 また、近年では、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成24年7月1日施行)いわゆるFITによる電力の買取が行われています。バイオガスプラント(メタン発酵)由来の電力は39円/kW(税別)となっています(2017年現在)。

家畜排せつ物管理の適正化と創マテリアル

170913biogas_ph02.jpg

家畜ふん尿の不適切な管理により、悪臭の発生や、河川や地下水へ流出して水質汚染を招くなどの環境問題が発生します。

バイオガスプラントは閉鎖された空間での処理のため、臭気等の問題が軽減されます。また、処理後に消化液と呼ばれる液体肥料が生産されます。液体肥料はこれまでのふん尿肥料と比較して臭気が大きく低減されており、飼料作成時の化学肥料の削減を可能とします。

さらに、固液分離システムを併設することで、消化液から敷料を生産可能とします。

環境対策としてのバイオガスプラント

170913biogas_ph03.jpg

エネルギーには、大きく分け化石資源のエネルギーと有機物を資源とするバイオマスエネルギーがあります。これまで使われている石炭や石油、天然ガスなどは化石資源のエネルギーです。化石資源は、長い年月をかけて枯死した植物や生物といった炭素が変性したものです。化石資源を燃焼した場合、地球の奥に眠っていた大量の炭素を放出することになり、大気中の二酸化炭素が増加し、地球温暖化の原因となります。

そこで近年化石燃料に変わるエネルギーとして注目されているのが、バイオマスエネルギーです。バイオマスエネルギーを利用することによって、限りある化石燃料の消費を抑え、二酸化炭素の排出量を減らすことができるなどのメリットがあります。

万全のサポート体制~プランニングからアフターサービスまで~

 計画段階から、原料調査、発酵試験などを行い、処理量やお客様の今後の計画に合わせプラントの設計を行います。
プラント稼働後は、メタン発酵の安定的な運転をサポートするため、定期的な分析を行い、効率的な運転をバックアップいたします。

 






この製品に関するお問い合わせ





loading