コーンズ・エージー Quality   Innovation




6 SERIES
DEUTZ-FAHR(ドイツファール)ドイツ

6 SERIES


マキシビジョンキャブ2

s6SERIES_tappeto_R.jpg

360°の可視性を誇るクリアビューコンセプトのキャビン。
大きなウインドウとスリムなフレーム、スロープボンネットと円形マッドガードの組合せで、遮るものの何もないオールラウンドの視界を確保しています。

空調システムは、大容量ファンコントロールにより、短時間で加温、冷却が可能で、14箇所の通気口で快適な環境を維持します。


コントロールシステム【RCシフトモデル】

s6SERIES_RC2_control.jpg

上位のTTVシリーズ同様に、1本のジョイスティックでトランスミッション、外部油圧、リアリフト、ヘッドランドマネジメントなど主要機能を指先で操作することができます。
使用頻度に応じてボタンやレバーをグループ化して配列し、機能別に色分けしています。


コントロールシステム【6段パワーシフト】

s6SERIES_6_control.jpg

使用頻度の高いトランスミッション系の操作、PTO、リヤリフト、ハンドアクセル、エンジンスピードメモリー、4WDとデフロックの操作機器をアームレストに集中配置しています。
フロントリフト(オプション)を装備した場合は、専用のコントロールスイッチで操作できます。



排ガス規制ステージ4(Tier4ファイナル)6気筒エンジン

s1_TCD_6_1_AGRI_front_l_high_jpg_big-freigestellt-NEU-TIFF.jpg

環境への配慮と燃費効率を高めるために最新技術で開発されたドイツエンジンが、最大限の生産性と効率性を達成します。最新型ドイツエンジンは、レスポンスに優れ、エンジン回転数が低い程、トルクを発揮します。

排気ガス処理システムは、SCR(選択式触媒還元)とパッシブDPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)を採用。DPFは通常のフィルタと比較して、追加燃料の噴射を必要とせず、周囲に熱が発生しない、フィルタが素早く再生するといった特長があります。国際的な排気ガス基準に適合しながら燃費効率を高め、燃料とアドブルー消費量を旧型エンジンよりも5%削減しました。


選べるトランスミッション

DF_6s_13.JPG

■RCシフト(フルオートマチック)
前進54段×後進27段(クリープ付)の全自動RCシフトです。作業シーンに応じてマニュアル、6速パワーシフトを自動制御するセミオート、全てを自動で制御するフルオートの選択が可能です。常に最適な速度とパワーを実現し、トレーラー搬送作業では最大15%の燃費を軽減します。

■6段パワーシフト
信頼性で定評のあるZF社の6速パワーシフトトランスミッションを新たに搭載。前進30段×後進15段の幅広いシフトコントロールを実現し、5~20km/hの常用作業速度域で17速ときめ細かな選択が可能です。オプションのクリープギヤで前進54段×後進27段にも対応します。

油圧システム

DF_6s_6.JPG

120L容量を持つクローズドロードセンシングポンプによる外部油圧は4系統を装備し、油圧トレーラーブレーキも全機種に標準装備しています。
ラップマシーンやポテトハ―ベスターのような常時、油圧オイルを循環させて使用する作業に便利なフリーリターンカプラーも装備しています。

9,200kgまたは10,000kgのリヤリフト持上げ揚力は、コンビネーションシーダーやディスクハローなど、大型の直送式作業機の装着にも十分適応します。



この製品に関するお問い合わせ





loading