コーンズ・エージー Quality   Innovation




給餌ロボット LELY ベクター
LELY(レリー)オランダ

給餌ロボット LELY  ベクター


特長

給餌作業の軽減

Lely__Lely-Vector-Italie--47--2693-1920px.JPG

牛のコンディション維持や乳質・乳量を左右する給餌は重要な作業ですが、その労働負担は重く1日の給餌回数を増やすことは容易ではありません。

給餌の省力化を図り、飼料の効率的かつ質の高い給餌を実現します。


給餌回数の増加・残餌の削減

ベクター 餌押し.jpg

給餌ロボット「レリー ベクター」は、給餌走行だけでなく、一定時間ごとに給餌通路を餌寄せ走行しながら、残飼量をチェックします。

飼料が少ない場合は、飼料倉庫へ移動し牛群ごとに合わせた飼料の量をミキシングし給与することで多回給与による採食量の増加と残飼量の削減が期待できます。


ミキシングホッパー

ベクター ミキサー.png

頑強に設計されたホッパー内にはナイフも装備され、飼料タイプに合わせてナイフの数量等の選択が可能です。

また、プログラムにより出入りのタイミングを変更できるステンレススチール製の自動カウンターナイフが、素早い切断を可能にします。

※写真掲載のモデルは、ミキシングタンク内部にステンレス製の摩耗板を追加し、長年の使用に耐えうるよう設計されたモデルです。

フィードグラバー

ベクター グラバー.jpg

不定形な飼料やロールベールにも対応し、飼料をミキサーへ積み込みます。

グラバー自体が重量を計測するため、飼料搭載時誤差がある場合は検知し、自己修正を行うため正確な積み込みが可能です。また、飼料の残量をレーザーで検知します。

詳しく見る


機能

安全性

ベクター1.jpg

セーフティーセンサーにより障害物との接触を感知し停止。また、LEDランプを搭載、暗い牛舎でもベクターの位置が認識できます。

正確な動作

ベクター 超音波センサー.jpg

超音波センサーで壁やフィードフェンスとの距離を読み取りながら走行。左右両方の読み取りが可能で、直進、後進、回転、待機が可能です。

段差や勾配の走行可能

ベクター 段差.jpg

障害物をスムーズに乗り越えるため、スカートをリフトアップする機能を搭載しており段差や勾配の走行が可能です。

※コンクリート製の平坦なフロアで、ルート上に凸凹がないこと、タールマック舗装、アスファルト、砂利等の走行はできません。




詳しく見る


ソフトウェア

詳しく見る


仕様

PCPCサイトで見る


フォトギャラリー

  • LELY Vector
  • LELY Vector
  • グラバー
  • グラバー
  • フィードハイトセンサーで餌の量を確認します
  • 充電スポット

詳しく見る


ムービー

詳しく見る


この製品に関するお問い合わせ





loading